後遺障害等級認定の事前認定と被害者請求について詳しく解説

後遺障害等級認定は、加害者側の保険会社に依頼する事前認定と、被害者自身もしくは家族や弁護士などが代理で行う被害者請求の2種類があります。

事前認定の流れ

事前認定は、交通事故による怪我の治療からリハビリテーションを行い、担当の医師から「症状固定」と診断されてから手続きが開始されます。

まずは自賠責保険支払書や診断書、交通事故証明書やレントゲン写真などの必要書類を揃えた後に、加害者側の担当保険会社に提出します。書類審査で後遺障害の等級が決定した後に、保険会社から後遺障害の等級認定に基づいた慰謝料や損害賠償額が提示されます。

被害者請求の流れ

被害者請求の手続き開始も、事前認定と同様、症状固定の診断後です。必要書類を自賠責保険会社へ提出し、書類は自賠責保険会社が確認した後に、損害保険料率算出機構へと送られます。

そして損害保険料率算出機構にて審査された結果が、自賠責保険会社に報告され、その報告内容を参考にして、後遺障害等級認定が実施されます。その認定結果によっては、被害者への通知とともに自賠責保険からの賠償金の一部が被害者の口座へと振り込まれます。

被害者請求にするメリット

後遺障害認定を事前認定ではなく被害者請求を選択することで、次のようなメリットがあります。

提出書類の内容が確認できる

事前認定では提出書類の内容を逐一チェックすることは不可能ですが、被害者請求にすることで、内容の確認が可能となります。特に弁護士に依頼することで、より細かなチェックができるようになります。

後遺障害診断書

後遺障害の等級認定のカギとなるのは、医師が作成する後遺障害診断書です。仮に後遺障害診断書に記載ミスや不備があった場合、等級認定が本来の等級よりも低いものとなってしまうことも考えられます。

弁護士によって提出前に後遺障害診断書が確認されることで、適切な等級認定が行われることになり、損害賠償額の増加へとつながります。

後遺障害認定ナビゲーション編集者