交通事故における後遺障害診断書とはどんなもの?その重要性を解説

後遺障害診断書とは、交通事故によって被害者が受けた後遺障害の症状はもちろんのこと、現実的にどのような支障をきたすのかということを証明するための書類です。

後遺障害診断書の内容によって、後遺障害の等級を決める際の重要な参考となることから、最終的な慰謝料や損害賠償額を決定することにもつながります。

後遺障害診断書は示談交渉のカギ

後遺障害診断書は、後遺障害の等級の決定時だけでなく、示談交渉や訴訟においても客観的な被害者の主張の根拠となることから、交渉を有利に進めるためのカギとなります。

後遺障害診断書の内容とは?

後遺障害診断書に記載されている内容は、治療の開始日や症状固定日、治療や入院にかかった日数、負傷箇所や傷病の名称、自覚症状や他覚症状、既存障害や検査の結果などがあります。

後遺障害診断書は医師だけが作成することができる書類です。とはいえ、医師のすべてが後期障害診断書の作成に長けているとは限らないため、なるべく交通事故を専門とする弁護士による書類のチェックを受けることで、書類の不備や記載ミスを防ぐことが可能となります。

事前認定の場合

事前認定とは、加害者側の保険会社に後期障害認定の手続きをしてもらうことをいいます。被害者や被害者が依頼した弁護士などが書類のチェックをすることができないため、場合によっては後期障害診断書は保険会社の意向が強くなることも考えられます。

被害者請求の場合

被害者請求とは文字通り、被害者もしくはその家族や依頼した弁護士によって、後遺障害認定の請求をすることをいいます。

医師が作成した後期障害診断書を提出前に確認することができるため、被害者にとって公正かつ有利な書類を作成することにもつながります。

後遺障害認定ナビゲーション編集者