交通事故における後遺障害認定を受けるための手順

後遺障害とは、交通事故が原因となって起きてしまったことが医学的に認められた障害であり、その結果として労働能力が減少してしまったことを、自賠責保険で定められた等級に当てはまるものです。
そのため、交通事故の後遺症=後遺障害となるとは限りません。
続きを読む →

症状固定とは?交通事故加害者の保険会社から突然言い渡されることも

後遺障害認定を開始するタイミングに、症状固定というものがあります。症状固定は、交通事故で負傷した箇所が、治療やリハビリテーションを重ねても、これ以上は改善することはないといった状態のことをいいます。

負傷した箇所の治療開始から症状固定までの期間に対しては、加害者側の保険会社より治療費の支給や休業損害の補償がありますが、症状固定となった途端に支給や補償が一旦打ち切りとなります。

そのため、症状固定以降は後遺障害認定後の、後遺障害慰謝料や逸失利益に対する損害賠償を請求することになります。
続きを読む →

交通事故における後遺障害診断書とはどんなもの?その重要性を解説

後遺障害診断書とは、交通事故によって被害者が受けた後遺障害の症状はもちろんのこと、現実的にどのような支障をきたすのかということを証明するための書類です。

後遺障害診断書の内容によって、後遺障害の等級を決める際の重要な参考となることから、最終的な慰謝料や損害賠償額を決定することにもつながります。
続きを読む →